賠償責任保険

eki01_l賠償責任保険とは、日常生活や業務の遂行によって、他人を負傷もしくは死亡させたり、他人の財物を破損、汚損したりして、法律上の損害賠償責任を負わされた場合に支払われる保険で、様々な種類のものがあります。自動車の事故の場合は、自賠責保険や自動車保険の対象となるため、この保険では対象外になります。個人が日常生活で何らかの損害賠償責任を負った場合は個人賠償保険が対象になります。具体的な事例としては、自転車で他人に怪我をさせた、子供が石を投げて車を壊した、お店で売っているお皿を割ってしまったといったものがあります。保険の対象外になるケースとして、親子や夫婦間の身内の事故、他人から借りているものを壊してしまった場合等があります。最近は自動車保険に特約として加入できるものがあり、必ず入っておくべき保険です。企業の業務遂行での事故で代表的なものは、生産物賠償保険があります。これは、企業が販売した商品が原因で怪我をしたり物を破損した場合で法律上の損害賠償責任を負った場合に対象になります。例えば、企業が販売した電化製品を通常通り使用していたが突然出火して火災となった、販売した食品が原因で食中毒になった等があります。

Comments are closed.