人保険

「人保険」(じんほけん)は、保険により保護される対象が人であるものをいい、物を対象とする「物保険」と区別してこのようによんでいます。
この類型に含まれるものとして代表的なものに、人の生死を保険金の支払い対象とする生命保険があり、けがを対象とする傷害保険、病気を対象とする疾病保険なども同様に人に関わる保険といえます。
これらの保険は主として生命保険会社において取り扱われるものであり、人の生死は金銭で推し量れないという考え方から、保険金支払いの方法として、あらかじめ死亡や重度障害の際には一定の金額を支払うという契約を結んでおく「定額給付」という方式をとることが原則となっています。
これは実際に生じた損害額だけを支払う「実損払い」を原則とする「物保険」とは対照的ですが、現実には人に対する保険であってもこの「実損払い」を適用し、けがや病気になったときに実際に要した費用だけを保険金として支払う契約形態もあります。
「がん保険」などは典型的ですが、このように保護の対象は人であるにもかかわらず、保険金の支払い方式は物と同じというような保険商品は「第三分野の保険」とよばれており、現在では「生命保険」と「傷害保険」のほかに「傷害疾病定額保険」という法律上の区分も設けられ、生命保険会社と損害保険会社双方による取扱いが認められています。「人保険」(じんほけん)は、保険により保護される対象が人であるものをいい、物を対象とする「物保険」と区別してこのようによんでいます。
この類型に含まれるものとして代表的なものに、人の生死を保険金の支払い対象とする生命保険があり、けがを対象とする傷害保険、病気を対象とする疾病保険なども同様に人に関わる保険といえます。
これらの保険は主として生命保険会社において取り扱われるものであり、人の生死は金銭で推し量れないという考え方から、保険金支払いの方法として、あらかじめ死亡や重度障害の際には一定の金額を支払うという契約を結んでおく「定額給付」という方式をとることが原則となっています。
これは実際に生じた損害額だけを支払う「実損払い」を原則とする「物保険」とは対照的ですが、現実には人に対する保険であってもこの「実損払い」を適用し、けがや病気になったときに実際に要した費用だけを保険金として支払う契約形態もあります。
「がん保険」などは典型的ですが、このように保護の対象は人であるにもかかわらず、保険金の支払い方式は物と同じというような保険商品は「第三分野の保険」とよばれており、現在では「生命保険」と「傷害保険」のほかに「傷害疾病定額保険」という法律上の区分も設けられ、生命保険会社と損害保険会社双方による取扱いが認められています。「人保険」(じんほけん)は、保険により保護される対象が人であるものをいい、物を対象とする「物保険」と区別してこのようによんでいます。
この類型に含まれるものとして代表的なものに、人の生死を保険金の支払い対象とする生命保険があり、けがを対象とする傷害保険、病気を対象とする疾病保険なども同様に人に関わる保険といえます。
これらの保険は主として生命保険会社において取り扱われるものであり、人の生死は金銭で推し量れないという考え方から、保険金支払いの方法として、あらかじめ死亡や重度障害の際には一定の金額を支払うという契約を結んでおく「定額給付」という方式をとることが原則となっています。
これは実際に生じた損害額だけを支払う「実損払い」を原則とする「物保険」とは対照的ですが、現実には人に対する保険であってもこの「実損払い」を適用し、けがや病気になったときに実際に要した費用だけを保険金として支払う契約形態もあります。
「がん保険」などは典型的ですが、このように保護の対象は人であるにもかかわらず、保険金の支払い方式は物と同じというような保険商品は「第三分野の保険」とよばれており、現在では「生命保険」と「傷害保険」のほかに「傷害疾病定額保険」という法律上の区分も設けられ、生命保険会社と損害保険会社双方による取扱いが認められています。「人保険」(じんほけん)は、保険により保護される対象が人であるものをいい、物を対象とする「物保険」と区別してこのようによんでいます。
この類型に含まれるものとして代表的なものに、人の生死を保険金の支払い対象とする生命保険があり、けがを対象とする傷害保険、病気を対象とする疾病保険なども同様に人に関わる保険といえます。
これらの保険は主として生命保険会社において取り扱われるものであり、人の生死は金銭で推し量れないという考え方から、保険金支払いの方法として、あらかじめ死亡や重度障害の際には一定の金額を支払うという契約を結んでおく「定額給付」という方式をとることが原則となっています。
これは実際に生じた損害額だけを支払う「実損払い」を原則とする「物保険」とは対照的ですが、現実には人に対する保険であってもこの「実損払い」を適用し、けがや病気になったときに実際に要した費用だけを保険金として支払う契約形態もあります。
「がん保険」などは典型的ですが、このように保護の対象は人であるにもかかわらず、保険金の支払い方式は物と同じというような保険商品は「第三分野の保険」とよばれており、現在では「生命保険」と「傷害保険」のほかに「傷害疾病定額保険」という法律上の区分も設けられ、生命保険会社と損害保険会社双方による取扱いが認められています。「人保険」(じんほけん)は、保険により保護される対象が人であるものをいい、物を対象とする「物保険」と区別してこのようによんでいます。
この類型に含まれるものとして代表的なものに、人の生死を保険金の支払い対象とする生命保険があり、けがを対象とする傷害保険、病気を対象とする疾病保険なども同様に人に関わる保険といえます。
これらの保険は主として生命保険会社において取り扱われるものであり、人の生死は金銭で推し量れないという考え方から、保険金支払いの方法として、あらかじめ死亡や重度障害の際には一定の金額を支払うという契約を結んでおく「定額給付」という方式をとることが原則となっています。
これは実際に生じた損害額だけを支払う「実損払い」を原則とする「物保険」とは対照的ですが、現実には人に対する保険であってもこの「実損払い」を適用し、けがや病気になったときに実際に要した費用だけを保険金として支払う契約形態もあります。
「がん保険」などは典型的ですが、このように保護の対象は人であるにもかかわらず、保険金の支払い方式は物と同じというような保険商品は「第三分野の保険」とよばれており、現在では「生命保険」と「傷害保険」のほかに「傷害疾病定額保険」という法律上の区分も設けられ、生命保険会社と損害保険会社双方による取扱いが認められています。「人保険」(じんほけん)は、保険により保護される対象が人であるものをいい、物を対象とする「物保険」と区別してこのようによんでいます。
この類型に含まれるものとして代表的なものに、人の生死を保険金の支払い対象とする生命保険があり、けがを対象とする傷害保険、病気を対象とする疾病保険なども同様に人に関わる保険といえます。
これらの保険は主として生命保険会社において取り扱われるものであり、人の生死は金銭で推し量れないという考え方から、保険金支払いの方法として、あらかじめ死亡や重度障害の際には一定の金額を支払うという契約を結んでおく「定額給付」という方式をとることが原則となっています。
これは実際に生じた損害額だけを支払う「実損払い」を原則とする「物保険」とは対照的ですが、現実には人に対する保険であってもこの「実損払い」を適用し、けがや病気になったときに実際に要した費用だけを保険金として支払う契約形態もあります。
「がん保険」などは典型的ですが、このように保護の対象は人であるにもかかわらず、保険金の支払い方式は物と同じというような保険商品は「第三分野の保険」とよばれており、現在では「生命保険」と「傷害保険」のほかに「傷害疾病定額保険」という法律上の区分も設けられ、生命保険会社と損害保険会社双方による取扱いが認められています。「人保険」(じんほけん)は、保険により保護される対象が人であるものをいい、物を対象とする「物保険」と区別してこのようによんでいます。
この類型に含まれるものとして代表的なものに、人の生死を保険金の支払い対象とする生命保険があり、けがを対象とする傷害保険、病気を対象とする疾病保険なども同様に人に関わる保険といえます。
これらの保険は主として生命保険会社において取り扱われるものであり、人の生死は金銭で推し量れないという考え方から、保険金支払いの方法として、あらかじめ死亡や重度障害の際には一定の金額を支払うという契約を結んでおく「定額給付」という方式をとることが原則となっています。
これは実際に生じた損害額だけを支払う「実損払い」を原則とする「物保険」とは対照的ですが、現実には人に対する保険であってもこの「実損払い」を適用し、けがや病気になったときに実際に要した費用だけを保険金として支払う契約形態もあります。
「がん保険」などは典型的ですが、このように保護の対象は人であるにもかかわらず、保険金の支払い方式は物と同じというような保険商品は「第三分野の保険」とよばれており、現在では「生命保険」と「傷害保険」のほかに「傷害疾病定額保険」という法律上の区分も設けられ、生命保険会社と損害保険会社双方による取扱いが認められています。「人保険」(じんほけん)は、保険により保護される対象が人であるものをいい、物を対象とする「物保険」と区別してこのようによんでいます。
この類型に含まれるものとして代表的なものに、人の生死を保険金の支払い対象とする生命保険があり、けがを対象とする傷害保険、病気を対象とする疾病保険なども同様に人に関わる保険といえます。
これらの保険は主として生命保険会社において取り扱われるものであり、人の生死は金銭で推し量れないという考え方から、保険金支払いの方法として、あらかじめ死亡や重度障害の際には一定の金額を支払うという契約を結んでおく「定額給付」という方式をとることが原則となっています。
これは実際に生じた損害額だけを支払う「実損払い」を原則とする「物保険」とは対照的ですが、現実には人に対する保険であってもこの「実損払い」を適用し、けがや病気になったときに実際に要した費用だけを保険金として支払う契約形態もあります。
「がん保険」などは典型的ですが、このように保護の対象は人であるにもかかわらず、保険金の支払い方式は物と同じというような保険商品は「第三分野の保険」とよばれており、現在では「生命保険」と「傷害保険」のほかに「傷害疾病定額保険」という法律上の区分も設けられ、生命保険会社と損害保険会社双方による取扱いが認められています。「人保険」(じんほけん)は、保険により保護される対象が人であるものをいい、物を対象とする「物保険」と区別してこのようによんでいます。
この類型に含まれるものとして代表的なものに、人の生死を保険金の支払い対象とする生命保険があり、けがを対象とする傷害保険、病気を対象とする疾病保険なども同様に人に関わる保険といえます。
これらの保険は主として生命保険会社において取り扱われるものであり、人の生死は金銭で推し量れないという考え方から、保険金支払いの方法として、あらかじめ死亡や重度障害の際には一定の金額を支払うという契約を結んでおく「定額給付」という方式をとることが原則となっています。
これは実際に生じた損害額だけを支払う「実損払い」を原則とする「物保険」とは対照的ですが、現実には人に対する保険であってもこの「実損払い」を適用し、けがや病気になったときに実際に要した費用だけを保険金として支払う契約形態もあります。
「がん保険」などは典型的ですが、このように保護の対象は人であるにもかかわらず、保険金の支払い方式は物と同じというような保険商品は「第三分野の保険」とよばれており、現在では「生命保険」と「傷害保険」のほかに「傷害疾病定額保険」という法律上の区分も設けられ、生命保険会社と損害保険会社双方による取扱いが認められています。

Comments are closed.