保険料の決め方と損害賠償

損害保険の保険料算定の基準については一概にはいえませんが、保険金の支払対象となる事故が起こるリスク、賠償金を含む標準的な損害額、保険契約上の免責金額などの要素による複雑な計算を経て額が決定されます。自動車保険でいえば、年齢、車種、走行距離などの値がこうした算定のために利用されます。
また、保険事故が発生した際の損害賠償額については、一般には被害者側と加害者側との示談交渉や裁判の判決によってその額が決められます。
示談の場合、対人賠償であれば治療費、入院諸費用や交通費などの治療関係費、事故で休業を要した期間に喪失した収入額などをもとにして、保険会社が合理的な範囲内での賠償額を算定します。対物賠償の場合には、被害物の購入価格や経過年数、修理額などをもとにして同様に算定します。
損害保険のなかでも自動車保険については、加入者の絶対数が多く、すでに判例の蓄積などもあるため、賠償請求する上での基準がある程度定型化されており、強制加入の自賠責保険の支払額の目安である「自賠責基準」、各損害保険会社が内部的に設けている「任意基準」、日本弁護士連合会などが過去の判例をもとに算定した「弁護士基準」という3つの基準があります。
一般には自賠責基準、任意基準、弁護士基準の順に高いといわれ、実際の裁判では弁護士基準寄りの賠償額となる傾向がありますが、例えば死亡や重度の後遺障害が残った場合には2億円を超えるような判決が出ることもあります。
損害保険の保険料算定の基準については一概にはいえませんが、保険金の支払対象となる事故が起こるリスク、賠償金を含む標準的な損害額、保険契約上の免責金額などの要素による複雑な計算を経て額が決定されます。自動車保険でいえば、年齢、車種、走行距離などの値がこうした算定のために利用されます。
また、保険事故が発生した際の損害賠償額については、一般には被害者側と加害者側との示談交渉や裁判の判決によってその額が決められます。
示談の場合、対人賠償であれば治療費、入院諸費用や交通費などの治療関係費、事故で休業を要した期間に喪失した収入額などをもとにして、保険会社が合理的な範囲内での賠償額を算定します。対物賠償の場合には、被害物の購入価格や経過年数、修理額などをもとにして同様に算定します。
損害保険のなかでも自動車保険については、加入者の絶対数が多く、すでに判例の蓄積などもあるため、賠償請求する上での基準がある程度定型化されており、強制加入の自賠責保険の支払額の目安である「自賠責基準」、各損害保険会社が内部的に設けている「任意基準」、日本弁護士連合会などが過去の判例をもとに算定した「弁護士基準」という3つの基準があります。
一般には自賠責基準、任意基準、弁護士基準の順に高いといわれ、実際の裁判では弁護士基準寄りの賠償額となる傾向がありますが、例えば死亡や重度の後遺障害が残った場合には2億円を超えるような判決が出ることもあります。
損害保険の保険料算定の基準については一概にはいえませんが、保険金の支払対象となる事故が起こるリスク、賠償金を含む標準的な損害額、保険契約上の免責金額などの要素による複雑な計算を経て額が決定されます。自動車保険でいえば、年齢、車種、走行距離などの値がこうした算定のために利用されます。
また、保険事故が発生した際の損害賠償額については、一般には被害者側と加害者側との示談交渉や裁判の判決によってその額が決められます。
示談の場合、対人賠償であれば治療費、入院諸費用や交通費などの治療関係費、事故で休業を要した期間に喪失した収入額などをもとにして、保険会社が合理的な範囲内での賠償額を算定します。対物賠償の場合には、被害物の購入価格や経過年数、修理額などをもとにして同様に算定します。
損害保険のなかでも自動車保険については、加入者の絶対数が多く、すでに判例の蓄積などもあるため、賠償請求する上での基準がある程度定型化されており、強制加入の自賠責保険の支払額の目安である「自賠責基準」、各損害保険会社が内部的に設けている「任意基準」、日本弁護士連合会などが過去の判例をもとに算定した「弁護士基準」という3つの基準があります。
一般には自賠責基準、任意基準、弁護士基準の順に高いといわれ、実際の裁判では弁護士基準寄りの賠償額となる傾向がありますが、例えば死亡や重度の後遺障害が残った場合には2億円を超えるような判決が出ることもあります。
損害保険の保険料算定の基準については一概にはいえませんが、保険金の支払対象となる事故が起こるリスク、賠償金を含む標準的な損害額、保険契約上の免責金額などの要素による複雑な計算を経て額が決定されます。自動車保険でいえば、年齢、車種、走行距離などの値がこうした算定のために利用されます。
また、保険事故が発生した際の損害賠償額については、一般には被害者側と加害者側との示談交渉や裁判の判決によってその額が決められます。
示談の場合、対人賠償であれば治療費、入院諸費用や交通費などの治療関係費、事故で休業を要した期間に喪失した収入額などをもとにして、保険会社が合理的な範囲内での賠償額を算定します。対物賠償の場合には、被害物の購入価格や経過年数、修理額などをもとにして同様に算定します。
損害保険のなかでも自動車保険については、加入者の絶対数が多く、すでに判例の蓄積などもあるため、賠償請求する上での基準がある程度定型化されており、強制加入の自賠責保険の支払額の目安である「自賠責基準」、各損害保険会社が内部的に設けている「任意基準」、日本弁護士連合会などが過去の判例をもとに算定した「弁護士基準」という3つの基準があります。
一般には自賠責基準、任意基準、弁護士基準の順に高いといわれ、実際の裁判では弁護士基準寄りの賠償額となる傾向がありますが、例えば死亡や重度の後遺障害が残った場合には2億円を超えるような判決が出ることもあります。
損害保険の保険料算定の基準については一概にはいえませんが、保険金の支払対象となる事故が起こるリスク、賠償金を含む標準的な損害額、保険契約上の免責金額などの要素による複雑な計算を経て額が決定されます。自動車保険でいえば、年齢、車種、走行距離などの値がこうした算定のために利用されます。
また、保険事故が発生した際の損害賠償額については、一般には被害者側と加害者側との示談交渉や裁判の判決によってその額が決められます。
示談の場合、対人賠償であれば治療費、入院諸費用や交通費などの治療関係費、事故で休業を要した期間に喪失した収入額などをもとにして、保険会社が合理的な範囲内での賠償額を算定します。対物賠償の場合には、被害物の購入価格や経過年数、修理額などをもとにして同様に算定します。
損害保険のなかでも自動車保険については、加入者の絶対数が多く、すでに判例の蓄積などもあるため、賠償請求する上での基準がある程度定型化されており、強制加入の自賠責保険の支払額の目安である「自賠責基準」、各損害保険会社が内部的に設けている「任意基準」、日本弁護士連合会などが過去の判例をもとに算定した「弁護士基準」という3つの基準があります。
一般には自賠責基準、任意基準、弁護士基準の順に高いといわれ、実際の裁判では弁護士基準寄りの賠償額となる傾向がありますが、例えば死亡や重度の後遺障害が残った場合には2億円を超えるような判決が出ることもあります。
損害保険の保険料算定の基準については一概にはいえませんが、保険金の支払対象となる事故が起こるリスク、賠償金を含む標準的な損害額、保険契約上の免責金額などの要素による複雑な計算を経て額が決定されます。自動車保険でいえば、年齢、車種、走行距離などの値がこうした算定のために利用されます。
また、保険事故が発生した際の損害賠償額については、一般には被害者側と加害者側との示談交渉や裁判の判決によってその額が決められます。
示談の場合、対人賠償であれば治療費、入院諸費用や交通費などの治療関係費、事故で休業を要した期間に喪失した収入額などをもとにして、保険会社が合理的な範囲内での賠償額を算定します。対物賠償の場合には、被害物の購入価格や経過年数、修理額などをもとにして同様に算定します。
損害保険のなかでも自動車保険については、加入者の絶対数が多く、すでに判例の蓄積などもあるため、賠償請求する上での基準がある程度定型化されており、強制加入の自賠責保険の支払額の目安である「自賠責基準」、各損害保険会社が内部的に設けている「任意基準」、日本弁護士連合会などが過去の判例をもとに算定した「弁護士基準」という3つの基準があります。
一般には自賠責基準、任意基準、弁護士基準の順に高いといわれ、実際の裁判では弁護士基準寄りの賠償額となる傾向がありますが、例えば死亡や重度の後遺障害が残った場合には2億円を超えるような判決が出ることもあります。
損害保険の保険料算定の基準については一概にはいえませんが、保険金の支払対象となる事故が起こるリスク、賠償金を含む標準的な損害額、保険契約上の免責金額などの要素による複雑な計算を経て額が決定されます。自動車保険でいえば、年齢、車種、走行距離などの値がこうした算定のために利用されます。
また、保険事故が発生した際の損害賠償額については、一般には被害者側と加害者側との示談交渉や裁判の判決によってその額が決められます。
示談の場合、対人賠償であれば治療費、入院諸費用や交通費などの治療関係費、事故で休業を要した期間に喪失した収入額などをもとにして、保険会社が合理的な範囲内での賠償額を算定します。対物賠償の場合には、被害物の購入価格や経過年数、修理額などをもとにして同様に算定します。
損害保険のなかでも自動車保険については、加入者の絶対数が多く、すでに判例の蓄積などもあるため、賠償請求する上での基準がある程度定型化されており、強制加入の自賠責保険の支払額の目安である「自賠責基準」、各損害保険会社が内部的に設けている「任意基準」、日本弁護士連合会などが過去の判例をもとに算定した「弁護士基準」という3つの基準があります。
一般には自賠責基準、任意基準、弁護士基準の順に高いといわれ、実際の裁判では弁護士基準寄りの賠償額となる傾向がありますが、例えば死亡や重度の後遺障害が残った場合には2億円を超えるような判決が出ることもあります。
損害保険の保険料算定の基準については一概にはいえませんが、保険金の支払対象となる事故が起こるリスク、賠償金を含む標準的な損害額、保険契約上の免責金額などの要素による複雑な計算を経て額が決定されます。自動車保険でいえば、年齢、車種、走行距離などの値がこうした算定のために利用されます。
また、保険事故が発生した際の損害賠償額については、一般には被害者側と加害者側との示談交渉や裁判の判決によってその額が決められます。
示談の場合、対人賠償であれば治療費、入院諸費用や交通費などの治療関係費、事故で休業を要した期間に喪失した収入額などをもとにして、保険会社が合理的な範囲内での賠償額を算定します。対物賠償の場合には、被害物の購入価格や経過年数、修理額などをもとにして同様に算定します。
損害保険のなかでも自動車保険については、加入者の絶対数が多く、すでに判例の蓄積などもあるため、賠償請求する上での基準がある程度定型化されており、強制加入の自賠責保険の支払額の目安である「自賠責基準」、各損害保険会社が内部的に設けている「任意基準」、日本弁護士連合会などが過去の判例をもとに算定した「弁護士基準」という3つの基準があります。
一般には自賠責基準、任意基準、弁護士基準の順に高いといわれ、実際の裁判では弁護士基準寄りの賠償額となる傾向がありますが、例えば死亡や重度の後遺障害が残った場合には2億円を超えるような判決が出ることもあります。
損害保険の保険料算定の基準については一概にはいえませんが、保険金の支払対象となる事故が起こるリスク、賠償金を含む標準的な損害額、保険契約上の免責金額などの要素による複雑な計算を経て額が決定されます。自動車保険でいえば、年齢、車種、走行距離などの値がこうした算定のために利用されます。
また、保険事故が発生した際の損害賠償額については、一般には被害者側と加害者側との示談交渉や裁判の判決によってその額が決められます。
示談の場合、対人賠償であれば治療費、入院諸費用や交通費などの治療関係費、事故で休業を要した期間に喪失した収入額などをもとにして、保険会社が合理的な範囲内での賠償額を算定します。対物賠償の場合には、被害物の購入価格や経過年数、修理額などをもとにして同様に算定します。
損害保険のなかでも自動車保険については、加入者の絶対数が多く、すでに判例の蓄積などもあるため、賠償請求する上での基準がある程度定型化されており、強制加入の自賠責保険の支払額の目安である「自賠責基準」、各損害保険会社が内部的に設けている「任意基準」、日本弁護士連合会などが過去の判例をもとに算定した「弁護士基準」という3つの基準があります。
一般には自賠責基準、任意基準、弁護士基準の順に高いといわれ、実際の裁判では弁護士基準寄りの賠償額となる傾向がありますが、例えば死亡や重度の後遺障害が残った場合には2億円を超えるような判決が出ることもあります。

Comments are closed.