給付・反対給付均等の原則(レクシスの法則)

レクシスの法則とは給付・反対給付均等の原則とも呼ばれる、契約者が支払う保険金を公平にするために用いられる原則のことです。
つまり、公平と言うのは契約者が支払う保険料と事故が発生したときに支払われる保険金の額が期待値的に等しい状況になるのです。

この際の保険料の算定はP=WZと言う数式で表すことができ、Pは保険料、Wは保険事故の発生確率、Zは支払われる保険金を指します。
このように、保険事故の確率(W)が高くなるごとに支払われる保険金(Z)が増えるわけですから、当然契約者が支払う保険料(P)も高くなるのです。

自動車保険を選ぶ際に良く目にする料率クラスもこの原則が使われていて、契約者が保険料の支払いで公平になるようにできています。
例えば、それまで頻繁に事故を起こしている車種があるとするならば、これからも事故を起こす可能性が高いと予測され、
それだけ、保険金を支払う回数が多くなると予想されるので、契約者が支払う保険料は高くなります。
逆にそれまでにほとんど事故を起こしていない車種であると、その車種に乗っている契約者はあまり事故を起こさない傾向にあると、
予想されるため、契約者が支払う保険料が安くなるのです。

このように自動車の保険料は事故を起こしやすい人とそうでない人で、支払う保険料に不公平が出ないような仕組になっているのです。レクシスの法則とは給付・反対給付均等の原則とも呼ばれる、契約者が支払う保険金を公平にするために用いられる原則のことです。
つまり、公平と言うのは契約者が支払う保険料と事故が発生したときに支払われる保険金の額が期待値的に等しい状況になるのです。

この際の保険料の算定はP=WZと言う数式で表すことができ、Pは保険料、Wは保険事故の発生確率、Zは支払われる保険金を指します。
このように、保険事故の確率(W)が高くなるごとに支払われる保険金(Z)が増えるわけですから、当然契約者が支払う保険料(P)も高くなるのです。

自動車保険を選ぶ際に良く目にする料率クラスもこの原則が使われていて、契約者が保険料の支払いで公平になるようにできています。
例えば、それまで頻繁に事故を起こしている車種があるとするならば、これからも事故を起こす可能性が高いと予測され、
それだけ、保険金を支払う回数が多くなると予想されるので、契約者が支払う保険料は高くなります。
逆にそれまでにほとんど事故を起こしていない車種であると、その車種に乗っている契約者はあまり事故を起こさない傾向にあると、
予想されるため、契約者が支払う保険料が安くなるのです。

このように自動車の保険料は事故を起こしやすい人とそうでない人で、支払う保険料に不公平が出ないような仕組になっているのです。レクシスの法則とは給付・反対給付均等の原則とも呼ばれる、契約者が支払う保険金を公平にするために用いられる原則のことです。
つまり、公平と言うのは契約者が支払う保険料と事故が発生したときに支払われる保険金の額が期待値的に等しい状況になるのです。

この際の保険料の算定はP=WZと言う数式で表すことができ、Pは保険料、Wは保険事故の発生確率、Zは支払われる保険金を指します。
このように、保険事故の確率(W)が高くなるごとに支払われる保険金(Z)が増えるわけですから、当然契約者が支払う保険料(P)も高くなるのです。

自動車保険を選ぶ際に良く目にする料率クラスもこの原則が使われていて、契約者が保険料の支払いで公平になるようにできています。
例えば、それまで頻繁に事故を起こしている車種があるとするならば、これからも事故を起こす可能性が高いと予測され、
それだけ、保険金を支払う回数が多くなると予想されるので、契約者が支払う保険料は高くなります。
逆にそれまでにほとんど事故を起こしていない車種であると、その車種に乗っている契約者はあまり事故を起こさない傾向にあると、
予想されるため、契約者が支払う保険料が安くなるのです。

このように自動車の保険料は事故を起こしやすい人とそうでない人で、支払う保険料に不公平が出ないような仕組になっているのです。レクシスの法則とは給付・反対給付均等の原則とも呼ばれる、契約者が支払う保険金を公平にするために用いられる原則のことです。
つまり、公平と言うのは契約者が支払う保険料と事故が発生したときに支払われる保険金の額が期待値的に等しい状況になるのです。

この際の保険料の算定はP=WZと言う数式で表すことができ、Pは保険料、Wは保険事故の発生確率、Zは支払われる保険金を指します。
このように、保険事故の確率(W)が高くなるごとに支払われる保険金(Z)が増えるわけですから、当然契約者が支払う保険料(P)も高くなるのです。

自動車保険を選ぶ際に良く目にする料率クラスもこの原則が使われていて、契約者が保険料の支払いで公平になるようにできています。
例えば、それまで頻繁に事故を起こしている車種があるとするならば、これからも事故を起こす可能性が高いと予測され、
それだけ、保険金を支払う回数が多くなると予想されるので、契約者が支払う保険料は高くなります。
逆にそれまでにほとんど事故を起こしていない車種であると、その車種に乗っている契約者はあまり事故を起こさない傾向にあると、
予想されるため、契約者が支払う保険料が安くなるのです。

このように自動車の保険料は事故を起こしやすい人とそうでない人で、支払う保険料に不公平が出ないような仕組になっているのです。レクシスの法則とは給付・反対給付均等の原則とも呼ばれる、契約者が支払う保険金を公平にするために用いられる原則のことです。
つまり、公平と言うのは契約者が支払う保険料と事故が発生したときに支払われる保険金の額が期待値的に等しい状況になるのです。

この際の保険料の算定はP=WZと言う数式で表すことができ、Pは保険料、Wは保険事故の発生確率、Zは支払われる保険金を指します。
このように、保険事故の確率(W)が高くなるごとに支払われる保険金(Z)が増えるわけですから、当然契約者が支払う保険料(P)も高くなるのです。

自動車保険を選ぶ際に良く目にする料率クラスもこの原則が使われていて、契約者が保険料の支払いで公平になるようにできています。
例えば、それまで頻繁に事故を起こしている車種があるとするならば、これからも事故を起こす可能性が高いと予測され、
それだけ、保険金を支払う回数が多くなると予想されるので、契約者が支払う保険料は高くなります。
逆にそれまでにほとんど事故を起こしていない車種であると、その車種に乗っている契約者はあまり事故を起こさない傾向にあると、
予想されるため、契約者が支払う保険料が安くなるのです。

このように自動車の保険料は事故を起こしやすい人とそうでない人で、支払う保険料に不公平が出ないような仕組になっているのです。レクシスの法則とは給付・反対給付均等の原則とも呼ばれる、契約者が支払う保険金を公平にするために用いられる原則のことです。
つまり、公平と言うのは契約者が支払う保険料と事故が発生したときに支払われる保険金の額が期待値的に等しい状況になるのです。

この際の保険料の算定はP=WZと言う数式で表すことができ、Pは保険料、Wは保険事故の発生確率、Zは支払われる保険金を指します。
このように、保険事故の確率(W)が高くなるごとに支払われる保険金(Z)が増えるわけですから、当然契約者が支払う保険料(P)も高くなるのです。

自動車保険を選ぶ際に良く目にする料率クラスもこの原則が使われていて、契約者が保険料の支払いで公平になるようにできています。
例えば、それまで頻繁に事故を起こしている車種があるとするならば、これからも事故を起こす可能性が高いと予測され、
それだけ、保険金を支払う回数が多くなると予想されるので、契約者が支払う保険料は高くなります。
逆にそれまでにほとんど事故を起こしていない車種であると、その車種に乗っている契約者はあまり事故を起こさない傾向にあると、
予想されるため、契約者が支払う保険料が安くなるのです。

このように自動車の保険料は事故を起こしやすい人とそうでない人で、支払う保険料に不公平が出ないような仕組になっているのです。レクシスの法則とは給付・反対給付均等の原則とも呼ばれる、契約者が支払う保険金を公平にするために用いられる原則のことです。
つまり、公平と言うのは契約者が支払う保険料と事故が発生したときに支払われる保険金の額が期待値的に等しい状況になるのです。

この際の保険料の算定はP=WZと言う数式で表すことができ、Pは保険料、Wは保険事故の発生確率、Zは支払われる保険金を指します。
このように、保険事故の確率(W)が高くなるごとに支払われる保険金(Z)が増えるわけですから、当然契約者が支払う保険料(P)も高くなるのです。

自動車保険を選ぶ際に良く目にする料率クラスもこの原則が使われていて、契約者が保険料の支払いで公平になるようにできています。
例えば、それまで頻繁に事故を起こしている車種があるとするならば、これからも事故を起こす可能性が高いと予測され、
それだけ、保険金を支払う回数が多くなると予想されるので、契約者が支払う保険料は高くなります。
逆にそれまでにほとんど事故を起こしていない車種であると、その車種に乗っている契約者はあまり事故を起こさない傾向にあると、
予想されるため、契約者が支払う保険料が安くなるのです。

このように自動車の保険料は事故を起こしやすい人とそうでない人で、支払う保険料に不公平が出ないような仕組になっているのです。レクシスの法則とは給付・反対給付均等の原則とも呼ばれる、契約者が支払う保険金を公平にするために用いられる原則のことです。
つまり、公平と言うのは契約者が支払う保険料と事故が発生したときに支払われる保険金の額が期待値的に等しい状況になるのです。

この際の保険料の算定はP=WZと言う数式で表すことができ、Pは保険料、Wは保険事故の発生確率、Zは支払われる保険金を指します。
このように、保険事故の確率(W)が高くなるごとに支払われる保険金(Z)が増えるわけですから、当然契約者が支払う保険料(P)も高くなるのです。

自動車保険を選ぶ際に良く目にする料率クラスもこの原則が使われていて、契約者が保険料の支払いで公平になるようにできています。
例えば、それまで頻繁に事故を起こしている車種があるとするならば、これからも事故を起こす可能性が高いと予測され、
それだけ、保険金を支払う回数が多くなると予想されるので、契約者が支払う保険料は高くなります。
逆にそれまでにほとんど事故を起こしていない車種であると、その車種に乗っている契約者はあまり事故を起こさない傾向にあると、
予想されるため、契約者が支払う保険料が安くなるのです。

このように自動車の保険料は事故を起こしやすい人とそうでない人で、支払う保険料に不公平が出ないような仕組になっているのです。レクシスの法則とは給付・反対給付均等の原則とも呼ばれる、契約者が支払う保険金を公平にするために用いられる原則のことです。
つまり、公平と言うのは契約者が支払う保険料と事故が発生したときに支払われる保険金の額が期待値的に等しい状況になるのです。

この際の保険料の算定はP=WZと言う数式で表すことができ、Pは保険料、Wは保険事故の発生確率、Zは支払われる保険金を指します。
このように、保険事故の確率(W)が高くなるごとに支払われる保険金(Z)が増えるわけですから、当然契約者が支払う保険料(P)も高くなるのです。

自動車保険を選ぶ際に良く目にする料率クラスもこの原則が使われていて、契約者が保険料の支払いで公平になるようにできています。
例えば、それまで頻繁に事故を起こしている車種があるとするならば、これからも事故を起こす可能性が高いと予測され、
それだけ、保険金を支払う回数が多くなると予想されるので、契約者が支払う保険料は高くなります。
逆にそれまでにほとんど事故を起こしていない車種であると、その車種に乗っている契約者はあまり事故を起こさない傾向にあると、
予想されるため、契約者が支払う保険料が安くなるのです。

このように自動車の保険料は事故を起こしやすい人とそうでない人で、支払う保険料に不公平が出ないような仕組になっているのです。

 

Comments are closed.