物保険

保険を分類する視点のひとつとして、保険により保護する対象が人であるか、物であるかという区分があります。
このうち、「物」を対象とする保険を「物保険」(ぶつほけん)とよび、これには建物、自動車、船舶などの事故を対象とした火災保険、自動車保険、海上保険などが該当します。
わが国では損害保険会社がこうした保険を取り扱い、保険金の支払い方式に「実損てん補」または「実損払い」という方式を採り入れているところに特徴があります。
この「実損てん補」というのは、保険事故により実際に損害を生じた金額を上限として保険金を支給するというもので、人に対する保険金の支払い方式として一般的な、あらかじめ約款で取り決めた一定の金額を支払うという「定額給付」とは対照的です。
これは、人の場合には本人の同意が必要という歯止めがあるのに対して、物の場合には事故に見せかけて故意に破壊して保険金を得ようとする不正行為の懸念があるためです。
現在では、こうした分類方法では解釈が難しい保険商品も登場しています。例えば、傷害保険や医療保険などは、人を対象とした保険であるにもかかわらず、治療のために実際に要した費用を保険金として支払うという、人と物の両方の側面をあわせもったものとなっています。
保険を分類する視点のひとつとして、保険により保護する対象が人であるか、物であるかという区分があります。
このうち、「物」を対象とする保険を「物保険」(ぶつほけん)とよび、これには建物、自動車、船舶などの事故を対象とした火災保険、自動車保険、海上保険などが該当します。
わが国では損害保険会社がこうした保険を取り扱い、保険金の支払い方式に「実損てん補」または「実損払い」という方式を採り入れているところに特徴があります。
この「実損てん補」というのは、保険事故により実際に損害を生じた金額を上限として保険金を支給するというもので、人に対する保険金の支払い方式として一般的な、あらかじめ約款で取り決めた一定の金額を支払うという「定額給付」とは対照的です。
これは、人の場合には本人の同意が必要という歯止めがあるのに対して、物の場合には事故に見せかけて故意に破壊して保険金を得ようとする不正行為の懸念があるためです。
現在では、こうした分類方法では解釈が難しい保険商品も登場しています。例えば、傷害保険や医療保険などは、人を対象とした保険であるにもかかわらず、治療のために実際に要した費用を保険金として支払うという、人と物の両方の側面をあわせもったものとなっています。
保険を分類する視点のひとつとして、保険により保護する対象が人であるか、物であるかという区分があります。
このうち、「物」を対象とする保険を「物保険」(ぶつほけん)とよび、これには建物、自動車、船舶などの事故を対象とした火災保険、自動車保険、海上保険などが該当します。
わが国では損害保険会社がこうした保険を取り扱い、保険金の支払い方式に「実損てん補」または「実損払い」という方式を採り入れているところに特徴があります。
この「実損てん補」というのは、保険事故により実際に損害を生じた金額を上限として保険金を支給するというもので、人に対する保険金の支払い方式として一般的な、あらかじめ約款で取り決めた一定の金額を支払うという「定額給付」とは対照的です。
これは、人の場合には本人の同意が必要という歯止めがあるのに対して、物の場合には事故に見せかけて故意に破壊して保険金を得ようとする不正行為の懸念があるためです。
現在では、こうした分類方法では解釈が難しい保険商品も登場しています。例えば、傷害保険や医療保険などは、人を対象とした保険であるにもかかわらず、治療のために実際に要した費用を保険金として支払うという、人と物の両方の側面をあわせもったものとなっています。
保険を分類する視点のひとつとして、保険により保護する対象が人であるか、物であるかという区分があります。
このうち、「物」を対象とする保険を「物保険」(ぶつほけん)とよび、これには建物、自動車、船舶などの事故を対象とした火災保険、自動車保険、海上保険などが該当します。
わが国では損害保険会社がこうした保険を取り扱い、保険金の支払い方式に「実損てん補」または「実損払い」という方式を採り入れているところに特徴があります。
この「実損てん補」というのは、保険事故により実際に損害を生じた金額を上限として保険金を支給するというもので、人に対する保険金の支払い方式として一般的な、あらかじめ約款で取り決めた一定の金額を支払うという「定額給付」とは対照的です。
これは、人の場合には本人の同意が必要という歯止めがあるのに対して、物の場合には事故に見せかけて故意に破壊して保険金を得ようとする不正行為の懸念があるためです。
現在では、こうした分類方法では解釈が難しい保険商品も登場しています。例えば、傷害保険や医療保険などは、人を対象とした保険であるにもかかわらず、治療のために実際に要した費用を保険金として支払うという、人と物の両方の側面をあわせもったものとなっています。
保険を分類する視点のひとつとして、保険により保護する対象が人であるか、物であるかという区分があります。
このうち、「物」を対象とする保険を「物保険」(ぶつほけん)とよび、これには建物、自動車、船舶などの事故を対象とした火災保険、自動車保険、海上保険などが該当します。
わが国では損害保険会社がこうした保険を取り扱い、保険金の支払い方式に「実損てん補」または「実損払い」という方式を採り入れているところに特徴があります。
この「実損てん補」というのは、保険事故により実際に損害を生じた金額を上限として保険金を支給するというもので、人に対する保険金の支払い方式として一般的な、あらかじめ約款で取り決めた一定の金額を支払うという「定額給付」とは対照的です。
これは、人の場合には本人の同意が必要という歯止めがあるのに対して、物の場合には事故に見せかけて故意に破壊して保険金を得ようとする不正行為の懸念があるためです。
現在では、こうした分類方法では解釈が難しい保険商品も登場しています。例えば、傷害保険や医療保険などは、人を対象とした保険であるにもかかわらず、治療のために実際に要した費用を保険金として支払うという、人と物の両方の側面をあわせもったものとなっています。
保険を分類する視点のひとつとして、保険により保護する対象が人であるか、物であるかという区分があります。
このうち、「物」を対象とする保険を「物保険」(ぶつほけん)とよび、これには建物、自動車、船舶などの事故を対象とした火災保険、自動車保険、海上保険などが該当します。
わが国では損害保険会社がこうした保険を取り扱い、保険金の支払い方式に「実損てん補」または「実損払い」という方式を採り入れているところに特徴があります。
この「実損てん補」というのは、保険事故により実際に損害を生じた金額を上限として保険金を支給するというもので、人に対する保険金の支払い方式として一般的な、あらかじめ約款で取り決めた一定の金額を支払うという「定額給付」とは対照的です。
これは、人の場合には本人の同意が必要という歯止めがあるのに対して、物の場合には事故に見せかけて故意に破壊して保険金を得ようとする不正行為の懸念があるためです。
現在では、こうした分類方法では解釈が難しい保険商品も登場しています。例えば、傷害保険や医療保険などは、人を対象とした保険であるにもかかわらず、治療のために実際に要した費用を保険金として支払うという、人と物の両方の側面をあわせもったものとなっています。
保険を分類する視点のひとつとして、保険により保護する対象が人であるか、物であるかという区分があります。
このうち、「物」を対象とする保険を「物保険」(ぶつほけん)とよび、これには建物、自動車、船舶などの事故を対象とした火災保険、自動車保険、海上保険などが該当します。
わが国では損害保険会社がこうした保険を取り扱い、保険金の支払い方式に「実損てん補」または「実損払い」という方式を採り入れているところに特徴があります。
この「実損てん補」というのは、保険事故により実際に損害を生じた金額を上限として保険金を支給するというもので、人に対する保険金の支払い方式として一般的な、あらかじめ約款で取り決めた一定の金額を支払うという「定額給付」とは対照的です。
これは、人の場合には本人の同意が必要という歯止めがあるのに対して、物の場合には事故に見せかけて故意に破壊して保険金を得ようとする不正行為の懸念があるためです。
現在では、こうした分類方法では解釈が難しい保険商品も登場しています。例えば、傷害保険や医療保険などは、人を対象とした保険であるにもかかわらず、治療のために実際に要した費用を保険金として支払うという、人と物の両方の側面をあわせもったものとなっています。
保険を分類する視点のひとつとして、保険により保護する対象が人であるか、物であるかという区分があります。
このうち、「物」を対象とする保険を「物保険」(ぶつほけん)とよび、これには建物、自動車、船舶などの事故を対象とした火災保険、自動車保険、海上保険などが該当します。
わが国では損害保険会社がこうした保険を取り扱い、保険金の支払い方式に「実損てん補」または「実損払い」という方式を採り入れているところに特徴があります。
この「実損てん補」というのは、保険事故により実際に損害を生じた金額を上限として保険金を支給するというもので、人に対する保険金の支払い方式として一般的な、あらかじめ約款で取り決めた一定の金額を支払うという「定額給付」とは対照的です。
これは、人の場合には本人の同意が必要という歯止めがあるのに対して、物の場合には事故に見せかけて故意に破壊して保険金を得ようとする不正行為の懸念があるためです。
現在では、こうした分類方法では解釈が難しい保険商品も登場しています。例えば、傷害保険や医療保険などは、人を対象とした保険であるにもかかわらず、治療のために実際に要した費用を保険金として支払うという、人と物の両方の側面をあわせもったものとなっています。
保険を分類する視点のひとつとして、保険により保護する対象が人であるか、物であるかという区分があります。
このうち、「物」を対象とする保険を「物保険」(ぶつほけん)とよび、これには建物、自動車、船舶などの事故を対象とした火災保険、自動車保険、海上保険などが該当します。
わが国では損害保険会社がこうした保険を取り扱い、保険金の支払い方式に「実損てん補」または「実損払い」という方式を採り入れているところに特徴があります。
この「実損てん補」というのは、保険事故により実際に損害を生じた金額を上限として保険金を支給するというもので、人に対する保険金の支払い方式として一般的な、あらかじめ約款で取り決めた一定の金額を支払うという「定額給付」とは対照的です。
これは、人の場合には本人の同意が必要という歯止めがあるのに対して、物の場合には事故に見せかけて故意に破壊して保険金を得ようとする不正行為の懸念があるためです。
現在では、こうした分類方法では解釈が難しい保険商品も登場しています。例えば、傷害保険や医療保険などは、人を対象とした保険であるにもかかわらず、治療のために実際に要した費用を保険金として支払うという、人と物の両方の側面をあわせもったものとなっています。

Comments are closed.