利得禁止の法則

わが国の損害保険制度において採り入れられている考え方として、「利得禁止の法則」または「利得禁止の原則」とよばれるものがあります。
これは、損害保険契約によって保険加入者に利得があってはならないとする原則のことで、法律上に明文の規定があるものではありませんが、伝統的に学説上の概念として支持されてきたものです。
この原則の意義についてですが、損害保険は偶発的な事故や災害に備えて多数の人々が保険料を拠出しあって支える仕組みであり、もし実際の損害額よりも多くの保険金が支払われるとするならば、故意に事故を起こして不当に保険金の支払いを受けようとする契約者が頻出しないとも限りません。
このような弊害を防ぐというのがこの原則の考え方であり、損害保険では「実損払い」といい、例えば自動車事故で修理に要する費用が1万円にあたる損害が発生したとすれば、たとえ支払い上限額が1千万円の自動車保険に加入していたとしても、保険金は1万円しか支出されないという取り決めがあります。
その一方で、生命保険などの場合にはこの考え方は採り入れられていないため、死亡時の保険金が1千万円という契約であれば、別に規定がない限りは1千万円という一定の金額が支払われることになります。わが国の損害保険制度において採り入れられている考え方として、「利得禁止の法則」または「利得禁止の原則」とよばれるものがあります。
これは、損害保険契約によって保険加入者に利得があってはならないとする原則のことで、法律上に明文の規定があるものではありませんが、伝統的に学説上の概念として支持されてきたものです。
この原則の意義についてですが、損害保険は偶発的な事故や災害に備えて多数の人々が保険料を拠出しあって支える仕組みであり、もし実際の損害額よりも多くの保険金が支払われるとするならば、故意に事故を起こして不当に保険金の支払いを受けようとする契約者が頻出しないとも限りません。
このような弊害を防ぐというのがこの原則の考え方であり、損害保険では「実損払い」といい、例えば自動車事故で修理に要する費用が1万円にあたる損害が発生したとすれば、たとえ支払い上限額が1千万円の自動車保険に加入していたとしても、保険金は1万円しか支出されないという取り決めがあります。
その一方で、生命保険などの場合にはこの考え方は採り入れられていないため、死亡時の保険金が1千万円という契約であれば、別に規定がない限りは1千万円という一定の金額が支払われることになります。わが国の損害保険制度において採り入れられている考え方として、「利得禁止の法則」または「利得禁止の原則」とよばれるものがあります。
これは、損害保険契約によって保険加入者に利得があってはならないとする原則のことで、法律上に明文の規定があるものではありませんが、伝統的に学説上の概念として支持されてきたものです。
この原則の意義についてですが、損害保険は偶発的な事故や災害に備えて多数の人々が保険料を拠出しあって支える仕組みであり、もし実際の損害額よりも多くの保険金が支払われるとするならば、故意に事故を起こして不当に保険金の支払いを受けようとする契約者が頻出しないとも限りません。
このような弊害を防ぐというのがこの原則の考え方であり、損害保険では「実損払い」といい、例えば自動車事故で修理に要する費用が1万円にあたる損害が発生したとすれば、たとえ支払い上限額が1千万円の自動車保険に加入していたとしても、保険金は1万円しか支出されないという取り決めがあります。
その一方で、生命保険などの場合にはこの考え方は採り入れられていないため、死亡時の保険金が1千万円という契約であれば、別に規定がない限りは1千万円という一定の金額が支払われることになります。わが国の損害保険制度において採り入れられている考え方として、「利得禁止の法則」または「利得禁止の原則」とよばれるものがあります。
これは、損害保険契約によって保険加入者に利得があってはならないとする原則のことで、法律上に明文の規定があるものではありませんが、伝統的に学説上の概念として支持されてきたものです。
この原則の意義についてですが、損害保険は偶発的な事故や災害に備えて多数の人々が保険料を拠出しあって支える仕組みであり、もし実際の損害額よりも多くの保険金が支払われるとするならば、故意に事故を起こして不当に保険金の支払いを受けようとする契約者が頻出しないとも限りません。
このような弊害を防ぐというのがこの原則の考え方であり、損害保険では「実損払い」といい、例えば自動車事故で修理に要する費用が1万円にあたる損害が発生したとすれば、たとえ支払い上限額が1千万円の自動車保険に加入していたとしても、保険金は1万円しか支出されないという取り決めがあります。
その一方で、生命保険などの場合にはこの考え方は採り入れられていないため、死亡時の保険金が1千万円という契約であれば、別に規定がない限りは1千万円という一定の金額が支払われることになります。わが国の損害保険制度において採り入れられている考え方として、「利得禁止の法則」または「利得禁止の原則」とよばれるものがあります。
これは、損害保険契約によって保険加入者に利得があってはならないとする原則のことで、法律上に明文の規定があるものではありませんが、伝統的に学説上の概念として支持されてきたものです。
この原則の意義についてですが、損害保険は偶発的な事故や災害に備えて多数の人々が保険料を拠出しあって支える仕組みであり、もし実際の損害額よりも多くの保険金が支払われるとするならば、故意に事故を起こして不当に保険金の支払いを受けようとする契約者が頻出しないとも限りません。
このような弊害を防ぐというのがこの原則の考え方であり、損害保険では「実損払い」といい、例えば自動車事故で修理に要する費用が1万円にあたる損害が発生したとすれば、たとえ支払い上限額が1千万円の自動車保険に加入していたとしても、保険金は1万円しか支出されないという取り決めがあります。
その一方で、生命保険などの場合にはこの考え方は採り入れられていないため、死亡時の保険金が1千万円という契約であれば、別に規定がない限りは1千万円という一定の金額が支払われることになります。わが国の損害保険制度において採り入れられている考え方として、「利得禁止の法則」または「利得禁止の原則」とよばれるものがあります。
これは、損害保険契約によって保険加入者に利得があってはならないとする原則のことで、法律上に明文の規定があるものではありませんが、伝統的に学説上の概念として支持されてきたものです。
この原則の意義についてですが、損害保険は偶発的な事故や災害に備えて多数の人々が保険料を拠出しあって支える仕組みであり、もし実際の損害額よりも多くの保険金が支払われるとするならば、故意に事故を起こして不当に保険金の支払いを受けようとする契約者が頻出しないとも限りません。
このような弊害を防ぐというのがこの原則の考え方であり、損害保険では「実損払い」といい、例えば自動車事故で修理に要する費用が1万円にあたる損害が発生したとすれば、たとえ支払い上限額が1千万円の自動車保険に加入していたとしても、保険金は1万円しか支出されないという取り決めがあります。
その一方で、生命保険などの場合にはこの考え方は採り入れられていないため、死亡時の保険金が1千万円という契約であれば、別に規定がない限りは1千万円という一定の金額が支払われることになります。わが国の損害保険制度において採り入れられている考え方として、「利得禁止の法則」または「利得禁止の原則」とよばれるものがあります。
これは、損害保険契約によって保険加入者に利得があってはならないとする原則のことで、法律上に明文の規定があるものではありませんが、伝統的に学説上の概念として支持されてきたものです。
この原則の意義についてですが、損害保険は偶発的な事故や災害に備えて多数の人々が保険料を拠出しあって支える仕組みであり、もし実際の損害額よりも多くの保険金が支払われるとするならば、故意に事故を起こして不当に保険金の支払いを受けようとする契約者が頻出しないとも限りません。
このような弊害を防ぐというのがこの原則の考え方であり、損害保険では「実損払い」といい、例えば自動車事故で修理に要する費用が1万円にあたる損害が発生したとすれば、たとえ支払い上限額が1千万円の自動車保険に加入していたとしても、保険金は1万円しか支出されないという取り決めがあります。
その一方で、生命保険などの場合にはこの考え方は採り入れられていないため、死亡時の保険金が1千万円という契約であれば、別に規定がない限りは1千万円という一定の金額が支払われることになります。わが国の損害保険制度において採り入れられている考え方として、「利得禁止の法則」または「利得禁止の原則」とよばれるものがあります。
これは、損害保険契約によって保険加入者に利得があってはならないとする原則のことで、法律上に明文の規定があるものではありませんが、伝統的に学説上の概念として支持されてきたものです。
この原則の意義についてですが、損害保険は偶発的な事故や災害に備えて多数の人々が保険料を拠出しあって支える仕組みであり、もし実際の損害額よりも多くの保険金が支払われるとするならば、故意に事故を起こして不当に保険金の支払いを受けようとする契約者が頻出しないとも限りません。
このような弊害を防ぐというのがこの原則の考え方であり、損害保険では「実損払い」といい、例えば自動車事故で修理に要する費用が1万円にあたる損害が発生したとすれば、たとえ支払い上限額が1千万円の自動車保険に加入していたとしても、保険金は1万円しか支出されないという取り決めがあります。
その一方で、生命保険などの場合にはこの考え方は採り入れられていないため、死亡時の保険金が1千万円という契約であれば、別に規定がない限りは1千万円という一定の金額が支払われることになります。わが国の損害保険制度において採り入れられている考え方として、「利得禁止の法則」または「利得禁止の原則」とよばれるものがあります。
これは、損害保険契約によって保険加入者に利得があってはならないとする原則のことで、法律上に明文の規定があるものではありませんが、伝統的に学説上の概念として支持されてきたものです。
この原則の意義についてですが、損害保険は偶発的な事故や災害に備えて多数の人々が保険料を拠出しあって支える仕組みであり、もし実際の損害額よりも多くの保険金が支払われるとするならば、故意に事故を起こして不当に保険金の支払いを受けようとする契約者が頻出しないとも限りません。
このような弊害を防ぐというのがこの原則の考え方であり、損害保険では「実損払い」といい、例えば自動車事故で修理に要する費用が1万円にあたる損害が発生したとすれば、たとえ支払い上限額が1千万円の自動車保険に加入していたとしても、保険金は1万円しか支出されないという取り決めがあります。
その一方で、生命保険などの場合にはこの考え方は採り入れられていないため、死亡時の保険金が1千万円という契約であれば、別に規定がない限りは1千万円という一定の金額が支払われることになります。

Comments are closed.