失火責任法

失火責任法は、正式には「失火ノ責任ニ関スル法律」と言います。制定されたのは1899(明治32)年と古く、条文が1条のみから成る法律です。
この法律の内容は「不法行為に対する損害賠償を定めた民法709条の規定は、失火の場合には失火者に重大な過失があった場合を除いては適用されない」というものです。つまり、失火による火災が近隣の建物に燃え移るほどの大きなものとなり、多くの被害が出たとしても、失火者は重大な過失があったと認定された場合を除いて弁償をしなくても良いということになります。言い換えると、もらい火により自分の家に被害が出ても失火者から弁償をしてもらえない、ということにもなります。この時、火災保険などに加入していれば、保険金で自分の家の修復や建て直しが出来ますが、加入していなければ泣き寝入りをするしか無くなってしまいます。泣き寝入りをすることがないよう、火災保険に加入して損害の備えをしておく必要があるでしょう。
ちなみに、過去行われた裁判の中で失火者に重大な過失があると認定された失火原因には「寝タバコをしていた」「石油ストーブを消火しないまま給油を行った」「電気コンロの電源を入れたまま寝た」「天ぷら油の入った鍋をかけたまま長い時間キッチンを離れていた」などがあり、事前に注意を払えば出火を防止することができるのにも関わらず、見過ごしてしまったために起きたものが重大な過失と認定されています。失火責任法は、正式には「失火ノ責任ニ関スル法律」と言います。制定されたのは1899(明治32)年と古く、条文が1条のみから成る法律です。
この法律の内容は「不法行為に対する損害賠償を定めた民法709条の規定は、失火の場合には失火者に重大な過失があった場合を除いては適用されない」というものです。つまり、失火による火災が近隣の建物に燃え移るほどの大きなものとなり、多くの被害が出たとしても、失火者は重大な過失があったと認定された場合を除いて弁償をしなくても良いということになります。言い換えると、もらい火により自分の家に被害が出ても失火者から弁償をしてもらえない、ということにもなります。この時、火災保険などに加入していれば、保険金で自分の家の修復や建て直しが出来ますが、加入していなければ泣き寝入りをするしか無くなってしまいます。泣き寝入りをすることがないよう、火災保険に加入して損害の備えをしておく必要があるでしょう。
ちなみに、過去行われた裁判の中で失火者に重大な過失があると認定された失火原因には「寝タバコをしていた」「石油ストーブを消火しないまま給油を行った」「電気コンロの電源を入れたまま寝た」「天ぷら油の入った鍋をかけたまま長い時間キッチンを離れていた」などがあり、事前に注意を払えば出火を防止することができるのにも関わらず、見過ごしてしまったために起きたものが重大な過失と認定されています。失火責任法は、正式には「失火ノ責任ニ関スル法律」と言います。制定されたのは1899(明治32)年と古く、条文が1条のみから成る法律です。
この法律の内容は「不法行為に対する損害賠償を定めた民法709条の規定は、失火の場合には失火者に重大な過失があった場合を除いては適用されない」というものです。つまり、失火による火災が近隣の建物に燃え移るほどの大きなものとなり、多くの被害が出たとしても、失火者は重大な過失があったと認定された場合を除いて弁償をしなくても良いということになります。言い換えると、もらい火により自分の家に被害が出ても失火者から弁償をしてもらえない、ということにもなります。この時、火災保険などに加入していれば、保険金で自分の家の修復や建て直しが出来ますが、加入していなければ泣き寝入りをするしか無くなってしまいます。泣き寝入りをすることがないよう、火災保険に加入して損害の備えをしておく必要があるでしょう。
ちなみに、過去行われた裁判の中で失火者に重大な過失があると認定された失火原因には「寝タバコをしていた」「石油ストーブを消火しないまま給油を行った」「電気コンロの電源を入れたまま寝た」「天ぷら油の入った鍋をかけたまま長い時間キッチンを離れていた」などがあり、事前に注意を払えば出火を防止することができるのにも関わらず、見過ごしてしまったために起きたものが重大な過失と認定されています。失火責任法は、正式には「失火ノ責任ニ関スル法律」と言います。制定されたのは1899(明治32)年と古く、条文が1条のみから成る法律です。
この法律の内容は「不法行為に対する損害賠償を定めた民法709条の規定は、失火の場合には失火者に重大な過失があった場合を除いては適用されない」というものです。つまり、失火による火災が近隣の建物に燃え移るほどの大きなものとなり、多くの被害が出たとしても、失火者は重大な過失があったと認定された場合を除いて弁償をしなくても良いということになります。言い換えると、もらい火により自分の家に被害が出ても失火者から弁償をしてもらえない、ということにもなります。この時、火災保険などに加入していれば、保険金で自分の家の修復や建て直しが出来ますが、加入していなければ泣き寝入りをするしか無くなってしまいます。泣き寝入りをすることがないよう、火災保険に加入して損害の備えをしておく必要があるでしょう。
ちなみに、過去行われた裁判の中で失火者に重大な過失があると認定された失火原因には「寝タバコをしていた」「石油ストーブを消火しないまま給油を行った」「電気コンロの電源を入れたまま寝た」「天ぷら油の入った鍋をかけたまま長い時間キッチンを離れていた」などがあり、事前に注意を払えば出火を防止することができるのにも関わらず、見過ごしてしまったために起きたものが重大な過失と認定されています。失火責任法は、正式には「失火ノ責任ニ関スル法律」と言います。制定されたのは1899(明治32)年と古く、条文が1条のみから成る法律です。
この法律の内容は「不法行為に対する損害賠償を定めた民法709条の規定は、失火の場合には失火者に重大な過失があった場合を除いては適用されない」というものです。つまり、失火による火災が近隣の建物に燃え移るほどの大きなものとなり、多くの被害が出たとしても、失火者は重大な過失があったと認定された場合を除いて弁償をしなくても良いということになります。言い換えると、もらい火により自分の家に被害が出ても失火者から弁償をしてもらえない、ということにもなります。この時、火災保険などに加入していれば、保険金で自分の家の修復や建て直しが出来ますが、加入していなければ泣き寝入りをするしか無くなってしまいます。泣き寝入りをすることがないよう、火災保険に加入して損害の備えをしておく必要があるでしょう。
ちなみに、過去行われた裁判の中で失火者に重大な過失があると認定された失火原因には「寝タバコをしていた」「石油ストーブを消火しないまま給油を行った」「電気コンロの電源を入れたまま寝た」「天ぷら油の入った鍋をかけたまま長い時間キッチンを離れていた」などがあり、事前に注意を払えば出火を防止することができるのにも関わらず、見過ごしてしまったために起きたものが重大な過失と認定されています。失火責任法は、正式には「失火ノ責任ニ関スル法律」と言います。制定されたのは1899(明治32)年と古く、条文が1条のみから成る法律です。
この法律の内容は「不法行為に対する損害賠償を定めた民法709条の規定は、失火の場合には失火者に重大な過失があった場合を除いては適用されない」というものです。つまり、失火による火災が近隣の建物に燃え移るほどの大きなものとなり、多くの被害が出たとしても、失火者は重大な過失があったと認定された場合を除いて弁償をしなくても良いということになります。言い換えると、もらい火により自分の家に被害が出ても失火者から弁償をしてもらえない、ということにもなります。この時、火災保険などに加入していれば、保険金で自分の家の修復や建て直しが出来ますが、加入していなければ泣き寝入りをするしか無くなってしまいます。泣き寝入りをすることがないよう、火災保険に加入して損害の備えをしておく必要があるでしょう。
ちなみに、過去行われた裁判の中で失火者に重大な過失があると認定された失火原因には「寝タバコをしていた」「石油ストーブを消火しないまま給油を行った」「電気コンロの電源を入れたまま寝た」「天ぷら油の入った鍋をかけたまま長い時間キッチンを離れていた」などがあり、事前に注意を払えば出火を防止することができるのにも関わらず、見過ごしてしまったために起きたものが重大な過失と認定されています。失火責任法は、正式には「失火ノ責任ニ関スル法律」と言います。制定されたのは1899(明治32)年と古く、条文が1条のみから成る法律です。
この法律の内容は「不法行為に対する損害賠償を定めた民法709条の規定は、失火の場合には失火者に重大な過失があった場合を除いては適用されない」というものです。つまり、失火による火災が近隣の建物に燃え移るほどの大きなものとなり、多くの被害が出たとしても、失火者は重大な過失があったと認定された場合を除いて弁償をしなくても良いということになります。言い換えると、もらい火により自分の家に被害が出ても失火者から弁償をしてもらえない、ということにもなります。この時、火災保険などに加入していれば、保険金で自分の家の修復や建て直しが出来ますが、加入していなければ泣き寝入りをするしか無くなってしまいます。泣き寝入りをすることがないよう、火災保険に加入して損害の備えをしておく必要があるでしょう。
ちなみに、過去行われた裁判の中で失火者に重大な過失があると認定された失火原因には「寝タバコをしていた」「石油ストーブを消火しないまま給油を行った」「電気コンロの電源を入れたまま寝た」「天ぷら油の入った鍋をかけたまま長い時間キッチンを離れていた」などがあり、事前に注意を払えば出火を防止することができるのにも関わらず、見過ごしてしまったために起きたものが重大な過失と認定されています。失火責任法は、正式には「失火ノ責任ニ関スル法律」と言います。制定されたのは1899(明治32)年と古く、条文が1条のみから成る法律です。
この法律の内容は「不法行為に対する損害賠償を定めた民法709条の規定は、失火の場合には失火者に重大な過失があった場合を除いては適用されない」というものです。つまり、失火による火災が近隣の建物に燃え移るほどの大きなものとなり、多くの被害が出たとしても、失火者は重大な過失があったと認定された場合を除いて弁償をしなくても良いということになります。言い換えると、もらい火により自分の家に被害が出ても失火者から弁償をしてもらえない、ということにもなります。この時、火災保険などに加入していれば、保険金で自分の家の修復や建て直しが出来ますが、加入していなければ泣き寝入りをするしか無くなってしまいます。泣き寝入りをすることがないよう、火災保険に加入して損害の備えをしておく必要があるでしょう。
ちなみに、過去行われた裁判の中で失火者に重大な過失があると認定された失火原因には「寝タバコをしていた」「石油ストーブを消火しないまま給油を行った」「電気コンロの電源を入れたまま寝た」「天ぷら油の入った鍋をかけたまま長い時間キッチンを離れていた」などがあり、事前に注意を払えば出火を防止することができるのにも関わらず、見過ごしてしまったために起きたものが重大な過失と認定されています。

Comments are closed.