自動車損害賠償保障法(自賠法)

自動車損害賠償保障法(自賠法)は、自動車の運行により引き起こされた人身事故の被害者を保護することを主な目的とする法律です。自動車損害賠償保障制度はこの法律を根拠に成り立っています。
この法律では、自動車の保有者に対して自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)か自動車損害賠償責任共済(自賠責共済)への加入を義務付けています。また、民法などに基づく通常の損害賠償では、加害者側の過失により損害が生じたことを被害者側が証明しなければならなりませんが、この法律に基づく損害賠償では加害者側が自分に過失が無いことを証明しなければなりません。具体的には、加害者側が自動車の運行に関し注意を怠らなかったことや、被害者または第三者に故意もしくは過失があったこと、運行している自動車に欠陥や機能の障害がなかったことを立証出来ない限りは、加害者側が賠償責任を負わなければなりません。
人身事故が発生した場合は、この法律に基づいて自賠責保険もしくは自賠責共済から保険金が支払われます。保険金には限度額があり、政令で定められています。現行の被害者1人あたりの限度額は、死亡による損害が3,000万円、後遺障害による損害が最も軽いもので75万円で最も重いものが4,000万円、傷害による損害が120万円となっています。
自動車損害賠償保障法(自賠法)は、自動車の運行により引き起こされた人身事故の被害者を保護することを主な目的とする法律です。自動車損害賠償保障制度はこの法律を根拠に成り立っています。
この法律では、自動車の保有者に対して自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)か自動車損害賠償責任共済(自賠責共済)への加入を義務付けています。また、民法などに基づく通常の損害賠償では、加害者側の過失により損害が生じたことを被害者側が証明しなければならなりませんが、この法律に基づく損害賠償では加害者側が自分に過失が無いことを証明しなければなりません。具体的には、加害者側が自動車の運行に関し注意を怠らなかったことや、被害者または第三者に故意もしくは過失があったこと、運行している自動車に欠陥や機能の障害がなかったことを立証出来ない限りは、加害者側が賠償責任を負わなければなりません。
人身事故が発生した場合は、この法律に基づいて自賠責保険もしくは自賠責共済から保険金が支払われます。保険金には限度額があり、政令で定められています。現行の被害者1人あたりの限度額は、死亡による損害が3,000万円、後遺障害による損害が最も軽いもので75万円で最も重いものが4,000万円、傷害による損害が120万円となっています。
自動車損害賠償保障法(自賠法)は、自動車の運行により引き起こされた人身事故の被害者を保護することを主な目的とする法律です。自動車損害賠償保障制度はこの法律を根拠に成り立っています。
この法律では、自動車の保有者に対して自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)か自動車損害賠償責任共済(自賠責共済)への加入を義務付けています。また、民法などに基づく通常の損害賠償では、加害者側の過失により損害が生じたことを被害者側が証明しなければならなりませんが、この法律に基づく損害賠償では加害者側が自分に過失が無いことを証明しなければなりません。具体的には、加害者側が自動車の運行に関し注意を怠らなかったことや、被害者または第三者に故意もしくは過失があったこと、運行している自動車に欠陥や機能の障害がなかったことを立証出来ない限りは、加害者側が賠償責任を負わなければなりません。
人身事故が発生した場合は、この法律に基づいて自賠責保険もしくは自賠責共済から保険金が支払われます。保険金には限度額があり、政令で定められています。現行の被害者1人あたりの限度額は、死亡による損害が3,000万円、後遺障害による損害が最も軽いもので75万円で最も重いものが4,000万円、傷害による損害が120万円となっています。
自動車損害賠償保障法(自賠法)は、自動車の運行により引き起こされた人身事故の被害者を保護することを主な目的とする法律です。自動車損害賠償保障制度はこの法律を根拠に成り立っています。
この法律では、自動車の保有者に対して自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)か自動車損害賠償責任共済(自賠責共済)への加入を義務付けています。また、民法などに基づく通常の損害賠償では、加害者側の過失により損害が生じたことを被害者側が証明しなければならなりませんが、この法律に基づく損害賠償では加害者側が自分に過失が無いことを証明しなければなりません。具体的には、加害者側が自動車の運行に関し注意を怠らなかったことや、被害者または第三者に故意もしくは過失があったこと、運行している自動車に欠陥や機能の障害がなかったことを立証出来ない限りは、加害者側が賠償責任を負わなければなりません。
人身事故が発生した場合は、この法律に基づいて自賠責保険もしくは自賠責共済から保険金が支払われます。保険金には限度額があり、政令で定められています。現行の被害者1人あたりの限度額は、死亡による損害が3,000万円、後遺障害による損害が最も軽いもので75万円で最も重いものが4,000万円、傷害による損害が120万円となっています。
自動車損害賠償保障法(自賠法)は、自動車の運行により引き起こされた人身事故の被害者を保護することを主な目的とする法律です。自動車損害賠償保障制度はこの法律を根拠に成り立っています。
この法律では、自動車の保有者に対して自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)か自動車損害賠償責任共済(自賠責共済)への加入を義務付けています。また、民法などに基づく通常の損害賠償では、加害者側の過失により損害が生じたことを被害者側が証明しなければならなりませんが、この法律に基づく損害賠償では加害者側が自分に過失が無いことを証明しなければなりません。具体的には、加害者側が自動車の運行に関し注意を怠らなかったことや、被害者または第三者に故意もしくは過失があったこと、運行している自動車に欠陥や機能の障害がなかったことを立証出来ない限りは、加害者側が賠償責任を負わなければなりません。
人身事故が発生した場合は、この法律に基づいて自賠責保険もしくは自賠責共済から保険金が支払われます。保険金には限度額があり、政令で定められています。現行の被害者1人あたりの限度額は、死亡による損害が3,000万円、後遺障害による損害が最も軽いもので75万円で最も重いものが4,000万円、傷害による損害が120万円となっています。
自動車損害賠償保障法(自賠法)は、自動車の運行により引き起こされた人身事故の被害者を保護することを主な目的とする法律です。自動車損害賠償保障制度はこの法律を根拠に成り立っています。
この法律では、自動車の保有者に対して自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)か自動車損害賠償責任共済(自賠責共済)への加入を義務付けています。また、民法などに基づく通常の損害賠償では、加害者側の過失により損害が生じたことを被害者側が証明しなければならなりませんが、この法律に基づく損害賠償では加害者側が自分に過失が無いことを証明しなければなりません。具体的には、加害者側が自動車の運行に関し注意を怠らなかったことや、被害者または第三者に故意もしくは過失があったこと、運行している自動車に欠陥や機能の障害がなかったことを立証出来ない限りは、加害者側が賠償責任を負わなければなりません。
人身事故が発生した場合は、この法律に基づいて自賠責保険もしくは自賠責共済から保険金が支払われます。保険金には限度額があり、政令で定められています。現行の被害者1人あたりの限度額は、死亡による損害が3,000万円、後遺障害による損害が最も軽いもので75万円で最も重いものが4,000万円、傷害による損害が120万円となっています。
自動車損害賠償保障法(自賠法)は、自動車の運行により引き起こされた人身事故の被害者を保護することを主な目的とする法律です。自動車損害賠償保障制度はこの法律を根拠に成り立っています。
この法律では、自動車の保有者に対して自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)か自動車損害賠償責任共済(自賠責共済)への加入を義務付けています。また、民法などに基づく通常の損害賠償では、加害者側の過失により損害が生じたことを被害者側が証明しなければならなりませんが、この法律に基づく損害賠償では加害者側が自分に過失が無いことを証明しなければなりません。具体的には、加害者側が自動車の運行に関し注意を怠らなかったことや、被害者または第三者に故意もしくは過失があったこと、運行している自動車に欠陥や機能の障害がなかったことを立証出来ない限りは、加害者側が賠償責任を負わなければなりません。
人身事故が発生した場合は、この法律に基づいて自賠責保険もしくは自賠責共済から保険金が支払われます。保険金には限度額があり、政令で定められています。現行の被害者1人あたりの限度額は、死亡による損害が3,000万円、後遺障害による損害が最も軽いもので75万円で最も重いものが4,000万円、傷害による損害が120万円となっています。
自動車損害賠償保障法(自賠法)は、自動車の運行により引き起こされた人身事故の被害者を保護することを主な目的とする法律です。自動車損害賠償保障制度はこの法律を根拠に成り立っています。
この法律では、自動車の保有者に対して自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)か自動車損害賠償責任共済(自賠責共済)への加入を義務付けています。また、民法などに基づく通常の損害賠償では、加害者側の過失により損害が生じたことを被害者側が証明しなければならなりませんが、この法律に基づく損害賠償では加害者側が自分に過失が無いことを証明しなければなりません。具体的には、加害者側が自動車の運行に関し注意を怠らなかったことや、被害者または第三者に故意もしくは過失があったこと、運行している自動車に欠陥や機能の障害がなかったことを立証出来ない限りは、加害者側が賠償責任を負わなければなりません。
人身事故が発生した場合は、この法律に基づいて自賠責保険もしくは自賠責共済から保険金が支払われます。保険金には限度額があり、政令で定められています。現行の被害者1人あたりの限度額は、死亡による損害が3,000万円、後遺障害による損害が最も軽いもので75万円で最も重いものが4,000万円、傷害による損害が120万円となっています。

Comments are closed.